上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.29 愚痴連鎖
先週の日曜日は、珍しく朝から大忙しでなんと3つも予定があった

今週末にある会社の飲み会で、夫が幹事になってしまい
そのゲームの景品を(25個も!)買いに行き
夫と昼で別れて私は友達が関係している団体のイベントで
よさこいダンスを見に行き
そのままその友達と一緒にライブハウスに行き
夫と合流し、夫の職場の同僚の演奏をノリノリで聞いた♪

とっても勢いのある1日で
しかも、私のその友人は小学校からの仲なのだけれど
すごく健全で前向きなパワーを持っていて
その上太陽のように明るい
会うといい意味での刺激をバンバンもらう子なので
私はすっかりテンションが上がっていた

だから、楽しかったこの1日のことをblogに綴ることも楽しみにしていたのだ・・・


月曜日、夫は例のごとく会社での鬱憤を持って帰ってきた

ごはんを食べてから また仕事のことでパソコンに向かわなければならないと言う
“ごはんもゆっくり食べていられない”と言いながら食べていた

そして これも例のごとく会社の愚痴が始まった・・・


最近、私は夫の愚痴を穏やかに聞くことができなくなっている


夫の愚痴は5分や10分で終わるようなものではなく
いったん始まると寝るまで延々と続く

『この人は外では言わないんだから、聞いてあげるのが私のつとめだ』
そう思っていたし、今もそう思う

けれど、愚痴とゆうものは解決法がない上での垂れ流しで
(それは、がんばった結果どうにもならないことを愚痴るから)
私はたまに意見すれど、それすら流れてゆきただひたすら聞くのみになる・・・
「ふんふん、へぇ~ 困るなぁ・・・」と
あってもなくてもいいような相槌だけ。ひたすら。。。

そのうち、聞いている私の心まで塞いできて
相槌すらうてなくなってくる・・・

そんなことはおかまいなしで夫の愚痴は続く・・・

私は『もう やめて!!』とゆう言葉を寸でで飲み込みすぎて
食欲もなくなり、早々に「ごちそうさま」と手を合わせ
洗い物に取り掛かった

さすがに夫はしゅんとなり
「ごめん」と謝って仕事にとりかかった


私の心が狭すぎるのだろうか・・・
理解がなさすぎるんだろうか・・・
私は自分勝手なのだろうか・・・
私はぜいたくになってしまっているんだろうか・・・

洗い物をしながら考えていると頭が冴えてきてしまい
チューハイ片手に本を読んで 現実逃避を図った
“陰”への考えへの流れははやいうちにせき止めてしまわなくてはならない
混乱の最中に冷静な判断ができるわけがない
感覚を麻痺させてでも、間を取るべきだと心に言った


私は大好きな夫と居る時間はできるだけ楽しくすごしたい

もちろん、私だって夫に愚痴る時だってある
けれど それは“ちょっと 聞いて~!”で済むようなものだ
そして いつも冷静な夫の意見を聞き、新鮮に思う
先述のように、まっただ中に居る者に冷静な判断ができるはずがないのだから


夫の愚痴は、例えば目の前に私ではなく人形でも置いていればいいのではないか・・・と思わせる
吐き出したいだけなら壷にでもつぶやけばいい
もしくは、その原因にぶつける
それがてっとり早いが、現実問題なかなかそうはいかないから
夫は私に愚痴るのだ


わかってる わかっている


私には忍耐とゆうものがあまりないので
もともと愚痴るほど溜め込めないのだ

だから、こうやって聞いてもらっている・・・


読んでくださった方、ほんと すみません★
ありがとうございました

スポンサーサイト
20070528220958.jpg


暑くなってきたので『冷奴が食べたいな~』と思い
近所にあるお豆腐屋さんに行きました

駅からずいぶんと離れているし、周りにはお店とかもなく
住宅ばっかの所にぽつんとあるお豆腐屋さんです
もちろん 全て手作りで、愛情を感じる売り方がうかがえる感じ

調理をせずに食べる物はやっぱり素材そのものがおいしくなくっちゃぁ!
と、普段ケチケチな私がひとつ250円する絹こし豆腐を買いまちた

すると、かなり高齢とみえるご主人が売り物である“おからドーナツ”をおもむろに2つも袋におまけしてくれた

このおからドーナツ、実は以前もおまけでいただいたことがあるのですが
甘すぎず ふわふわで甘いものがちょい苦手な私でも軽く食べられてしまうのです♪

このドーナツには、なぜか“外の風”が似合う気がして
お行儀も悪く 信号待ちにかじりついてしまった★

ほんのり甘く とってもふわふわ。

いただいた気持ちがうれしくって
なんだか私も少し甘い、ふわふわした気持ちになりました


200705232054000.jpg


のぶさんに
「顔を書いたゆで卵の殻を割るの躊躇しそう・・・」
な~んてレス書きながら、ちゃっかりいただきました
冷蔵庫覗くのが楽しくなりましたー♪

写真のアップのしかたマスター(遅っ

これで私の“リリアン”作品も披露できるな~

こうご期待あれ

2007.05.17 うちのマミー
『“物”に話しかけるのって母ゆずり☆』ふと、思ったので母の話を・・・


うちの母はとってもキュート♪
チャキチャキしてるけど天然ボケもほどよく入っているし
感情が豊かで そして、少女のようにピュアなところがある

私の真似してピアスをあけた日も
仕事をおえて父と帰って来た母の耳にファーストピアスがあるのを発見した私が
「あー、お母さん あけたんや~♪」
とはずんだ声で言うと
「シッ!お父さんにはまだ言ってへんねんから!」
と真顔で言ったお母さんはポニーテールをしていた・・・
普通に気付かれてると思いますけど・・・(_ _;)

物に話かけている母を目撃したわけではないけれど
(いや、でも絶対に話しかけていたはずだ!)
物によく名前をつけていた
それだけならありうる話かもしれないが、そこがうちの母
その名付けた名前を書いちゃうのである
「まどか~!掃除機かけて~。」
と言われ、しぶしぶ重い腰をあげて掃除機を取りに行くと
掃除機の背中に油性マジックで堂々と
  『重いけどカラヤン』
と書いてあった・・・
私はしばし固まり「お母さん、これ何?」と聞くと
「その掃除機“カラヤン”って名前(品名)やねんけど
 すごく重たいから。」
とゆう答えが返ってきた・・・
いや、だからって書かんでも・・・


あと「まどか、とんそ(とんかつソース)出しといて。」と言われ
流しの下をあけたとたん 爆笑したことがある
ソースや醤油を置いてあるラックは、斜めになっていて
ふたの部分がずらっと並んでいたのだけれど
そこにまたマジックで書いてあったのである
『とんそなのだ!』とか『ウスターです~!』とか・・・
いや、“とんそ”や“ウスター”はわかる。
なぜ“なのだ!”とか“です~!”を付ける


ね、とってもラブリーでしょ


友達とか、うちの両親に会うと
「まどかが何でそーなったんかわかるわ~。」
と言われます

“そーなった”って、どーゆうこと


2007.05.15 お掃除の心
昨日、洗濯機の洗濯槽を初めて洗いました♪


一人暮らしを始めてからなので、かれこれ5年くらい使っているのですがなんと初めての洗浄(←笑ごま☆)

さすがに洗面所の匂いが気になりだしてきて
最近ではそーいった洗剤のテレビCMも目にするようになってきましたしで『いっちょやってみっか!』とあいなったわけです

丸1日専用洗剤を入れたままにしてみたところ
こもっていた臭気はすっかりなくなりましたー

ついでに、たまっていたほこりや汚れを夫のお古のハブラシでゴシゴシ。
すると、新品のようにピカピカ(←に、見えた
こころなしか洗濯機もうれしそう
まだまだ がんばってもらわなくっちゃね~


私は掃除も好きではないけれど、きれいにするとやっぱり気持ちもすっきりしますね♪

掃除をしながら、よく独り言を言っています。
炊飯器を拭いている時も
「もうちょっとがんばってな~。おいしくお米炊いたってな~。」とか
もちろん洗濯機にも同じように言いました
掃除をしてきれいにしてやることで、より愛着がわいたりするし
やっぱり大切なことなんだな~って思います(^^)
・・・と、言いながらずぼらな私。
掃除する頃にはほこりが積もっているんですけど(^^;


めったにしない掃除をすると、私は夫に報告します。
どうやってきれいにしたか、その時の苦労やアイデア・新発見
そして その後の感想などなど・・・

“自慢げ”とゆうのではなく
どちらかとゆうとボールを取ってきた犬が『褒めて!なでて!』ってしっぽを振る感じ(^^:

夫はそんなつまらない話もにこにこと最後まで聞き
「ありがとうな~。」
と言ってくれます♪

キャ~!もぉっ!この 名調教師


夫が『あたりまえ』とは思わずに素直に感謝してくれるから
がんばれます

“あたりまえ”にならないように、いちいち言ううっとおしい私ですが・・・(_ _;)|||


昨日、2ヶ月強ぶりに髪をカットしてきましたの

こんな感じですhttp://www.rasysa.com/pkg/style/length/short/d.phtml?st=14277&page=4
(あっ!もちろんモデルは私じゃありません。このページ、プリントアウトして持って行ったのです♪)


そしたらね~ スッキリした私見てね~ 夫がね~


    「かわいくなったなー。」


って




 ・ ・ ・ 。


ちょっとムカッってきました?(_ _;)|||ゴメンナサイ☆
2007.05.04 かわいい♪
みなさま、GWをゆ~いぎにすごしていらっしゃいますか?

うちは毎年どこにも行かず、の~んびりしています
(だって、どこに行っても人が溢れているし 行く道も混んじゃうし★)
家族で集まったり 友達と会ったりしている間に
GWは終わっているのが常ですね


で、GWの前半に 私は夫を家に1人残し 小学校からのツレと会ってきました

4人グループなのですが、1人は昨年末に子供が生まれたばかりなので不参加。
けれど、女3人集まればまったく話は尽きません
しかも おもいっきり“類友”で、3人ともしゃべるしゃべる(^^;

帰りの電車は西行新快速最終でした☆

電車の中から 夫に帰るメール。

その時で12時まわってたし、私が家を出る夕方の5時頃には
夫はもぅすでに晩ご飯=晩酌を始めようとしていたし
たいがい、私が出かけて帰りが遅い時は夫はTVをつけっぱなしにして
そのままうたた寝しているので
『ま、当然寝ているだろう』と思っていた

すると、なんとも珍しく即行で返信があった・・・
『待ってるから、気をつけて帰ってきてね』といった内容の・・・

私は、電車から降りると猛ダッシュで自転車をこいで帰った

「ただいま。」静かめに夫に声をかけると
夫はなんともしょぼくれた顔で振り向いて
そしてしょぼくれた声で「おかえりぃ・・・」と言った

何かあったのか?と思い夫の前に腰を下ろし
「どうしたん?」と聞くと夫はうなだれながら
「・・・さみしかってん。」と言う

「あんな~、この家に1人でおったらな~ 何もやる気になられへんねん。
 キッチンとな~ テレビの部屋とな~ パソコンの部屋とな~・・・1人やったら広すぎるねん。
 なんかな~、さみしいな~ってず~っと思ってな~・・・
 すごいさみしかってん。」

夫は、酔いと眠気が入り混じっていて 目をショボショボさせながら訴えていた

私は結構酔っている夫が好きだ
普段は冷静だし、頭のきれる人なので会話についてけない時もあるけれど
酔っ払いの夫はなんだか子供みたいで とってもかわいいのだ

「そぉかぁ~ ごめんな~。」
私もスローリーな口調になりながら夫にハグをする
『ここに居るよ。もぉ、さみしくなんかないよ。』と精一杯の気持ちを込めて。

お布団に入ると、ほんと よっぽどさみしかったのか
私を抱き枕のようにかかえて頭をすりつけるようにしながらそのまま眠ってしまった

私はしばらく、幸せを噛み締めながら夫の寝息を聞いていた
すると 熱くなったのか夫が布団を振り払ったので、薄い布団をかけ直した
今度はせっかくかけたその布団を抱き枕のように抱えてしまったけれど
『ま、仕方ないか。寒くなったら自分でかけるかな。』と思い私もそろそろ寝ようと深呼吸をしたその時!

 バコッ!

夫からものすごいアッパーカットを1撃くらった

どうやら、布団と一緒に自分の腕も足に挟み込んでいたようで
その腕を引き抜こうとした様子・・・

「いった~い!」

思わず声が出るほど痛かった(ToT)マジデ。

すると、おもいっきり爆睡中の夫が親指だけをチョイチョイっと動かしてなぐさめるように私の手をなでていた

もぉ、なんだか痛いやらおかしいやらで涙が出そうでした☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。